忘れ去られたメニュー達


ここでは「元祖うな鐡」の、

過去にあったメニューを紹介させていただきます。


「くりから」 

今現在もある、うなぎの腹身を蒸してわさび醤油で召し上がって頂く「くりから」の原型は、

10cm程度のうなぎ(メソと言います)を、

背開きにして、頭、骨をつけたまま焼いて出していました。

しかし「メソうなぎ」の高騰によりメニューから外し、今の型になりました。

ちなみに、「くりから」とは、竜が剣に巻きつく様(くりからもんもん)を言い、

そこから創業者・貞森市六が名付けました。


「八幡巻」  

牛蒡((ごぼう)にうなぎを巻いて、カットした状態で召し上がって頂いてました。


「よしの巻」

うなぎの八幡巻(ごぼうのうなぎ巻き)
の姉妹品が「よしの巻」(ふき巻き)でした。

ふきにうなぎを巻いて、わさび醤油で召し上がって頂いてました。


「つくね」  

うなぎのアバラ身、うなぎの頭をミンチにして作っていたのですが、

どうにも色が悪かったので・・。


「肝どうふ」 

茹でたうなぎの肝の入った自家製どうふ。


「柳川鍋」   

柳川鍋の中にうなぎ等を入れていました。



TOPへ

Copyright (C) 2003-2017 unatetsu d. All rights reserved.