うな鐡(てつ)の歴史


昭和32年11月

渋谷にて
「故・渋谷貞森市六」の手により

「贅沢品、高級食材であるうなぎを、
気軽に提供する方法はないか?」

と、発案されたうなぎの串焼き

(ここで紹介されている全ての
「うなぎ串焼き(肝以外)」は、
「故・貞森市六」によって、
世に生みだされたメニューです。)

これを中心にうなぎだけにこだわり、世の中に提供していこうと、

「うな鐡」は、始まりました。


昭和32年(1957) 11月

渋谷駅のガード前にて、『うな鐡』創業/営業開始。


昭和34年(1959) 12月

渋谷区桜丘町に移店。


昭和38年(1963) 1月

渋谷区道玄坂、
三菱銀行のウラにて「本店」、営業開始。
(桜丘町の店は「倉庫兼仕込み場」に)

※この間、渋谷以外の地にて同名の店も何店か出店。
 
※現在では渋谷でのみ営業※


今現在、  

他所にも「うなてつ」という名で各所にございますが、

全くの別経営で、一切関係ありません。


昭和51年(1976) 2月

現、渋東シネタワーのウラにて「別店」、営業開始。  

このころ桜丘町の店は、「高級店」として再オープン。

(生きたうなぎを目の前で調理し、串物も串揚げにしたり、
 一風変わったスタイルの「うな鐡」に)


昭和61年(1986) 6月

「別店」を現在の地に移店。


平成元年(1989) 3月

「高級店(桜丘町店)」閉店。

「本店」立ち退きに伴い「別店」と合併し、

この時から屋号を、

「うな鐡」から元祖うな鐡とする。」


  そして現在、創設者・貞森市六の亡き後、

  子の代、そして孫の代となり、創業当初の味を守り、

-創設者の祖父の意志に従い-

とにかく「うなぎ」だけ

  にこだわり続けて営業しています!


TOPへ

Copyright (C) 2003-2017 unatetsu d. All rights reserved.